設計・施工 岐阜県 ざいまん建設株式会社

OMソーラーハウス

■ OMソーラーシステムとは・・・・

OMソーラーは、夏に冬のように低い温度を求めたり、冬に薄着でいられるような温度を得る暖房ではな く夏は夏らしく、冬は冬らしく過ごしながら、健康的で心地よい暮らしを実現しようという技術です。
そしてその最大の特徴は、太陽という無限でクリーンなエネルギーを用いるという点にあります。
太陽の熱を採り込んで、床暖房・給湯・換気をする仕組みのOMソーラーシステムは、冬には、その仕組みを生かして床暖房しながら換気をします。そして、夏の昼にはカンカン に降り注ぐ太陽光を利用して、熱気 を排気しながらお湯を採り、夜は地表の熱が吸いあげられる放射冷却現象を利用し、涼風を部屋 の中に採りこみます。

【注意】
・ OMソーラーシステムは、建物全体を仕組みとして利用するため、暖房器具のようにポンと
 設置することはできませんので、設計段階から太陽熱利用を考えていきます。
・ 太陽光発電を導入する場合、(財)新エネルギー財団による助成金制度を利用することが
 できます。
基本的仕組みOMソーラー株式会社ホームページへ

OMソーラーの家

■ 冬のしくみ(太陽で、床暖房)

冬のOMソーラーシステムは、太陽エネルギーを利用して建物の温熱環境を底上げします。また、システムが稼働している
時は常に新鮮な外気を部屋に採り込んでいるので、暖房しながら、気がつかないうちに換気もしているのです。

OMソーラーシステム 冬のしくみ 【冬のOMソーラーの特徴】
・ 新鮮な空気を軒から取り入れます。
・ 屋根面そのものを利用して空気を暖めます
・ 屋根と天井の間に設けられた空気の"道"を利用して、空気が
  棟へと ゆっくり昇っていきます。
・ 棟ダクトに集められた熱い空気は小型ファンで床下へ送り込みます。
・ 暖気は土間コンクリートに熱を伝えて床のスリットから家全体に流出します
・ 床下の蓄熱は室温の低下と共にゆっくり放出して、朝まであったか!!
【その他】
(床暖房)
・ 室温より常に床の温度が暖かい、OMソーラー住宅の足の裏から暖めることが理想健康暖房です。21℃から22℃のやさしい低温暖房で、冬でも素足で快適です。
(ひろま空間)
・ OMソーラーの家は、各部屋の温度差が少なく、吹き抜けや通し間でもあったか。これらの機能で、健康快適、安心の心地良さ。長くつきあうほど頼もしいのが、OMソーラーの魅力です。

OMソーラーの家

■ 夏の昼のしくみ(排気とお湯取り)

夏の昼、カンカンに熱くなった屋根の熱気を建物の外に排気して、少しでも暑さを凌ぐという仕組みです。屋根を昇ってきた 熱い空気でまずお湯を採り、さらに使い切れなかった熱を外へ逃がします。床下のよどんだ空気も引き上げて(床下換気)、 じめじめした空気を排気します。排気をしながらお湯を採り、夜は放射冷却現象によって屋根が冷やされる、冷房までは いきませんが、少しでも採涼ができればという考えです。

OMソーラーシステム 夏のしくみ 【夏のOMソーラーの特徴】
・ お湯採り
太陽熱を利用して、30~50℃のお湯を約300邃桃フります。
OMソーラーの省エネの大きな特徴の1つです。
とても経済的です。  
・採涼
夜の放射冷却現象で屋根が冷やされその冷やされた
空気を室内にとりこみ、冷房とまではいえませんが、
自然の空気で採涼します。
OMソーラーハウスの建築例

ざいまん建設株式会社
Address 〒501-0431 岐阜県本巣郡北方町北方1787
TEL (058)324-0141
FAX (058)324-8400
E-MAIL  zaiman@nifty.com

Copyright (c) 2007 ZAIMAN co.,ltd